top of page

犬猫愛護会わんぱーくの記事を公開しました

犬猫愛護わんぱーく 理事長の吉田照明さんのインタビュー記事を公開しました。⇒記事はこちら


わんぱーくは岡山を拠点に、処分寸前の犬猫の保護と譲渡活動を行うボランティアチームです。




私はこれまでこういった活動に関わったことがなく、知っているのは人づてに聞いた、外側から見た僅かな情報だけです。



このたび、わんぱーく理事長の吉田照明さんとご縁があり、インタビューをさせていただくことができ、これだけSNSが普及していても、なかなか表には出てこない、現場ボランティアが抱える問題や課題、そして運営の難しさなど、保護シェルターの実情をたくさん語っていただけました。





わんぱーくさんのような施設は広い敷地が必要ですし、また周りからの理解も得られないと続けられないことですので、なかなか街中にはなく、一般的に広く認知されにくいのだと思います。


記事を通して、少しでも多くの人に現状を知っていただけたらと思います。




「この活動を未来にずっとつなげるために」


YouTube動画のサムネイルに載っているこの言葉。


みなさんの活動が、人が犬や猫を尊重し、その命を大切にし、人と犬猫との共生を実現する未来に繋がるよう、切に願います。



人が捨てた命を、人の都合で捕獲した命を、人が引き取り、世話をし、そしてそこで新たな問題や課題が生じる。


人の社会とは何なのかと考えさせられるインタビューでした。



Comments


bottom of page